今年の夏になって初めてせみの鳴き声を聴いた。
小学生の男の子がお家の前を掃いてお手伝いしてて・・・
朝から照りつける強い日差しに「夏」を感じたんだ。



日常を切り取るってすごく身近な分
通りすぎてしまうことが多くある。
けれどちょっと意識を変えたらどうだろうと自分自身に問う。



少し前の事だけどね、
知人のカメラマンさんを介して知り合った方が
『「余ってるカメラない?」宣言をまず!』と
私に言ってくださった。

その頃に書いて下書き保存したまま忙しくて
なかなか記事としてあげらなかった写真の話。



写真って撮るのも撮られるのも難しい。
私はずっとそう思っていたけれど
周りの皆さんは口をそろえて言うの。




「写真って楽しいでしょ?」




『え~?楽しいより難しいだよぉ~。』そう思っていた。
以前から、写真を撮られるということが苦手だった。
映像と違って一瞬を切り取られると思うと
ついつい構えてしまってなかなか自然でいられなくて・・・。


逆に写真を撮るという事は私にとっては記録でしかなくて、
楽しいって感覚をいまひとつつかめないでいたの。



けど好きな視点で撮っていいんだよ。
写真を撮ること・撮られることを楽しんで!
今まで気付かなかったものが見えてくるよ。



きっとその方=
「カラ-のいちのせ(埼玉県戸田市)の店主 いちさん」は
そう私に伝えたかったんだと思う。
そしてご自身のブログで、初心者の私にもわかるような
カテゴリ-を作って展開してくださっている。


http://ichinosephoto.blog93.fc2.com/



いちさんは写真もカメラも大好きで
楽しさをいっぱい知っていらっしゃるからなんじゃないかな・・・
そう思っているの。




以来、写真を撮るということをなんとなく意識してきた。
そして難しいと口にしたらそこを乗り越えられない
そんな気がしたから、その言葉をぐっっと飲み込んでみたり。



で、とある場所で上記発言して紆余曲折。
結局、今は前から持っていたコンパクトデジカメで
撮る形になったけれど、いちさんにいろいろヒントをいただいて
写真の楽しさが少しだけわかった気がする。



朝顔




お誕生日プレゼントにいただいた朝顔の写真。
(「やっちまった」なことに写真のデ-タを取り込んで
保存せずに消してしまったみたいで
いろんな色と角度があったのにこれしかない (;ヘ;) 涙)


いちさんのブログにも朝顔の写真があるんだ。
切り取り方をみればその技術とセンスの違いがわかる。



けれどいいところを見つけるのが上手ないちさんは
違う写真からなんだけど私にまた新しい課題とやる気をくれたの。
(詳しくは上記のいちさんのブログをみてね)
自分の写真をプリントアウトする事の楽しさと共に・・・


だからちょっとずつやってみようと思う。




最近、鉄道好きな方が周りに多いこともあって
今までに気に留めなかった風景が気になる。
以前の私ならきっとこの写真はとらなかった。


車庫


電車



これだけでもまた一つ世界が広がったって事よね!
好きな事が増えるっていいな・・・そう思う。


いちさん始めそう思わせてくれた全ての皆様。
ありがとうございます。


ここで少しずつ、撮った写真も載せていけたらと思ってるので
よかったらお付き合いください。


それから最近話題のデジカメGR-D。
リコ-のこちらのサイトで

http://www.ricoh.co.jp/dc/capliolife/appreciation/photographers/



いつもお世話になっている広田泉さんと森谷修さんの
感動的な写真が見られるわ。
(他にも多くのカメラマンさんの写真あり)
これだけ満足度の高いところはみなくちゃ♪でしょ?
心臓ドキドキするから覚悟してね。
私が所属している団体の一つに
「映像温泉芸社」というところがある。

過去をさかのぼると長くなるので、
ミナミさんのデ-タベ-スを基にさせてもらって
現在の形を私なりに説明したいと思う。

「映像温泉芸社」という自主映画団体。略して「芸社」という。
「芸社」であって「芸者」ではないし、会社でもないのだ。
この辺りは今年2月の芸社本祭その14で
かる~く明らかにされていたけど・・・

バカ映画の巨匠といわれる「なにわ天閣」
http://www2.odn.ne.jp/tenkaku/tenkaku02_001.htm


「デンキネコ」で有名な北海道のクリエ-タ-中村犬蔵氏
http://www001.upp.so-net.ne.jp/inuzo/


「クビレンジャ-」や「リアルニンテンドッグス」の酒徳ごうわく氏
http://www.k4.dion.ne.jp/~gouwaku/top.htm


「キタカント-」や「ヒャクレンジャ-」ミナミユ-氏
http://homepage2.nifty.com/owaraitsubushi/top.htm

をはじめ多数のクリエイターが所属する。
バカ映画系の映画の製作と上映を中心とした団体。
表では大きくかけないようなキティな作品も作るやっばい団体だ(笑)

社員のメガネ率が異常に高い。私は非メガネの一割組なのだ。

この団体では、
各自がいろんな形でのクリエィティブ活動を行っているため、
みんなで一緒に映画を作ることが主目的ではなく
どちらかというと、上映会活動を主としている。
もちろん、作品の製作協力はしあっている場合が多い。

現在は
*年1回ペ-スで行われている本祭と呼ばれる上映会
 芸社員の作品上映と共に招待作品も上映。
 これは上映会自体が一つのイベントとなっている。
 そのため、上映作品は後々見る機会があっても
 二度と見れないものがあるため、見逃すと損なのだ。

*他にテ-マ別にシネマボカンでの上映会や
 個人がプロデュ-サ-となって
 芸社プレゼンツといった形での上映会もしている。
 
今までにこんなイベントもやったですよ(*'-^)-☆


■【芸社11】孤立自主映画学園■
孤立



■【芸社12】芸社より愛をこめて公式サイト■
12

http://www001.upp.so-net.ne.jp/inuzo/gei12.html


■【芸社本祭】ゲイシャ13公式サイト■
13

http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/geisha13/


■【芸社本祭14】映像温泉芸者対映像温泉芸社公式サイト■
14

http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/geisya14/
■『芸社in札幌2』公式サイト■


■『キャメラ』公式サイト■
キャメラ

http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/camera/


☆★その他いろんな情報はこちらで見てね★☆

■ダ-機関情報■

過去ログから過去の情報も見れます。

わからない語句はここを参照にしてもらえるとわかるかも。
お笑いつぶしデータベース(by:ミナミユ-さん)


私の出演作品はとりあえずは代表的なものを・・

*「頭脳戦隊クビレンジャー」「頭角戦隊アタマイザー5」
これはもう「みるく」に「くるみ」と・・(笑)

作品 http://www.k4.dion.ne.jp/~gouwaku/sakuhin/sakuhin04.htm
首祭 http://www.k4.dion.ne.jp/~gouwaku/omake/kubimatsuri.htm


*「親子戦隊コレンジャ-」
 「百人戦隊ヒャクレンジャ-1~3」他
 ミナミ・ユ-さんの作品でもお世話になってます。
作品 http://homepage2.nifty.com/owaraitsubushi/sub1.htm

「地方戦隊伝説」発売中!!
大阪日本橋「ジャングル」にてネット通販も。


*「デンキネコ」では、女神のみるくちゃん。
皆が愛してるデンキネコの事は
犬蔵さんのサイトの『デンキネコの歩み』を見てね。

他にも「芸社佐藤さん」の作品やら「ダ-機関」の作品やら
「あらんすえし」さんの作品やら
いろいろやらせてもらってるんだけど
とりあえず、この辺りは上記イベントのサイトにてみてね

そして7/14はいよいよ芸社in札幌5です。
皆様、楽しみにしていていただけたらうれしいです。
そして今後共よろしくお願いします ('-^*)/
年配の女性とその息子とおぼしき中国人の二人組に
「まぐろが食べ放題のこのお店に連れていって欲しい」
と地図をみせられ案内をした。



その地区では有名なまぐろ食べ放題のお店らしい。
外観は緑に囲まれたちょっとした大使館風の洋館である。




中にはいると、
色黒でやせっぽっちの白いランニングをきたおやじが
壊れそうな学校机にレジを置いて座っていた。



私はここで失礼する事にするのだが
薄暗い店内を見回すと、まぐろの卸売り市場風コンクリ床の何もないところに
はじっこに馬小屋のような柵がありその柵の中にみすぼらしいテ-ブル。
客はまばらだった。



「うほ~。これはまた・・・すごい・・・」




おやじが『1000円。今の時間は納豆だけ』と
無愛想に二人にいっている。



時間は朝。
なのでまぐろの食べ放題ではなく納豆の食べ放題の時間らしい。

『この時間は納豆のみでまぐろはありません。タマゴは別料金』



ボロボロのホワイトボ-ドに書かれた
消えそうな値段表とお店のタイムテ-ブルを見て
私が食べるわけじゃないのに泣きたい気持ちになる。


「あ~あ。かわいそうに・・・納豆に1000円・・・
 しかもあの柵って・・・
 このお店、なんで有名なの?あ・・・こういう意味で有名!?」


そう思いながら店を後にした。


ここは日本ではなくてとある外国で
グアムやサイパンのように少し繁華街がある地域である。


なんとなく後ろめたいすっきりしない思いで立ち寄った
ホテルのお土産屋さんはなぜかいわゆる、日本の旅館やホテルにありそうな売店だった。

さっきとはうってかわってざわつく店内を見ていると
レジ横の電話がなっている。
店員さんは誰もでない。でればいいのに・・・





そう思いながらも、
もう一つの頭の中でもう10時すぎてるのかぁ~。
起きなきゃなぁ~と考える私がいた。

実際は私の携帯が鳴っていたのだ。
見ると発信者名がでてない。(デ-タがなくなったからね)

「だれだろう。ああ・・・まだ九時過ぎなのかぁ
 もう少し寝たいし出るの止めようかなぁ」


けどなんか気になるなぁ~。

なり続ける着メロ。

相当長い事なるのを聞いた後やっぱり出ておこう。
そう思いボタンを押した

「・・・もしもし・・・」

「かよさん、今日、仕事はいってますよね?」

仕事の電話だった。

「いえ、はいってないですよ」

慌てて起き上がる。


さっきまで見ていたのは夢だったのだ。
トイレにいきたいとトイレの夢をみるように
やっぱり電話がなると夢でも電話がなるんだなぁ~と
変な納得をしながら話している。

手違いで予定でなかった仕事にシフトされていたのだ。
結局急遽仕事に向かうことに。
家でまぐろの夢見てるよりお仕事させてもらえる方が全然いい。
まぐろよ。ありがとう・・・となんとなくつぶやいた。




こんな事があったのでを考えていたら、たまたま今年の2月の芸社の本祭は
まぐろネタで盛り上がったことを思い出した。


なので次の記事で芸社について書きますわん