年配の女性とその息子とおぼしき中国人の二人組に
「まぐろが食べ放題のこのお店に連れていって欲しい」
と地図をみせられ案内をした。



その地区では有名なまぐろ食べ放題のお店らしい。
外観は緑に囲まれたちょっとした大使館風の洋館である。




中にはいると、
色黒でやせっぽっちの白いランニングをきたおやじが
壊れそうな学校机にレジを置いて座っていた。



私はここで失礼する事にするのだが
薄暗い店内を見回すと、まぐろの卸売り市場風コンクリ床の何もないところに
はじっこに馬小屋のような柵がありその柵の中にみすぼらしいテ-ブル。
客はまばらだった。



「うほ~。これはまた・・・すごい・・・」




おやじが『1000円。今の時間は納豆だけ』と
無愛想に二人にいっている。



時間は朝。
なのでまぐろの食べ放題ではなく納豆の食べ放題の時間らしい。

『この時間は納豆のみでまぐろはありません。タマゴは別料金』



ボロボロのホワイトボ-ドに書かれた
消えそうな値段表とお店のタイムテ-ブルを見て
私が食べるわけじゃないのに泣きたい気持ちになる。


「あ~あ。かわいそうに・・・納豆に1000円・・・
 しかもあの柵って・・・
 このお店、なんで有名なの?あ・・・こういう意味で有名!?」


そう思いながら店を後にした。


ここは日本ではなくてとある外国で
グアムやサイパンのように少し繁華街がある地域である。


なんとなく後ろめたいすっきりしない思いで立ち寄った
ホテルのお土産屋さんはなぜかいわゆる、日本の旅館やホテルにありそうな売店だった。

さっきとはうってかわってざわつく店内を見ていると
レジ横の電話がなっている。
店員さんは誰もでない。でればいいのに・・・





そう思いながらも、
もう一つの頭の中でもう10時すぎてるのかぁ~。
起きなきゃなぁ~と考える私がいた。

実際は私の携帯が鳴っていたのだ。
見ると発信者名がでてない。(デ-タがなくなったからね)

「だれだろう。ああ・・・まだ九時過ぎなのかぁ
 もう少し寝たいし出るの止めようかなぁ」


けどなんか気になるなぁ~。

なり続ける着メロ。

相当長い事なるのを聞いた後やっぱり出ておこう。
そう思いボタンを押した

「・・・もしもし・・・」

「かよさん、今日、仕事はいってますよね?」

仕事の電話だった。

「いえ、はいってないですよ」

慌てて起き上がる。


さっきまで見ていたのは夢だったのだ。
トイレにいきたいとトイレの夢をみるように
やっぱり電話がなると夢でも電話がなるんだなぁ~と
変な納得をしながら話している。

手違いで予定でなかった仕事にシフトされていたのだ。
結局急遽仕事に向かうことに。
家でまぐろの夢見てるよりお仕事させてもらえる方が全然いい。
まぐろよ。ありがとう・・・となんとなくつぶやいた。




こんな事があったのでを考えていたら、たまたま今年の2月の芸社の本祭は
まぐろネタで盛り上がったことを思い出した。


なので次の記事で芸社について書きますわん