ぽたんぽたんだったのがぽろぽろとなり・・・


そしてそれから、はらはらと・・・




涙って本当にぽろぽろおちるんだな。
そんな風に思いながらも止まらない大粒のしずく。



その日、私はとある事情が重なって
めずらしく三時間も泣き続けた。



とつとつと話を続ければ続けるほど止まらなくなった。



それは・・・バスタオルが登場するほど・・・。


あぁ明日撮影じゃなくてよかった。

翌朝のハニワっぷりのすごさといったら(笑)
自分が宇宙人に見えておかしくなる。


一日、サングラスで過ごしたある日。



吉本さんがそっといってくれた。


「涙は流さないとだめらしいですよ。
ためてるものを涙で流すのは大切なこと
だから泣くのはいい事みたいですよ」と。

(↑ちょっと脳内変換されてるから
ボキャブラリ-は私モ-ドになってるけど 笑)


そう言われてサングラスの視界がまたにじんだ。


~~~~~~~

それより少し前のある日のこと。



私の本業は相談業務。


とあるママがきて
ぎこちないけれど笑顔を作りながら気になっている事を話してくれた。


うんうんと相槌を打ちながら、一通り話を聞いた後、



「・・・ママ、大変だったね・・・」



そういった。

その瞬間、そのママの目から涙があふれ出てきた。



止まらない涙が一息つくのを待って、私は言葉を続けた。


「いっぱいがんばったんだね。大丈夫だよ。
今以上は、がんばらなくていいんだよ。
方法を具体的に考えようか・・・」


私の仕事の場合、むやみに大丈夫ですよと
言ってはいけないことはわかっている。
大丈夫で済ませてはいけないケースも
多いから…



けれど、その時はそれはOKと判断した。



答えが見つかったのか、そのママが
「相談にきてよかった。またきます」
とにっこり笑ってそう言って帰ってくれた時の事が
吉本さんの言葉にフラッシュバックした。



「大丈夫だよ」


たった一言だけど
そういってもらえると心につかえていたものが
溶け出してくれるのかも・・・・




事情でお約束の急なキャンセルが続いた私に
「大丈夫ですよ」
そう言ってくれた人たちのことが浮かんでいる。


・・・・温かさをありがとう・・・・・
Secret