上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルに共通するキ-ワ-ドは「銚子」

いきなりだけど、お魚はたいてい何でも好きでね。
中でも鯵が好きでお寿司屋さんでも何度も鯵を頼むし
伊豆に行くと、もううはうはしちゃうんだ~。

けど、今想いをはせているお魚のひとつがいわしなの。
銚子のいわしが有名なのは皆さんご存知だと思う。

いわしがすごくおいしくなるというのがこの梅雨の時期らしいんだけど
私は無知でお恥ずかしいながら
銚子電鉄を知ってから「入梅いわし」なるものの存在を知った。


そして、この入梅いわし・・・
Tさんに教えてもらってもう数回目の梅雨がきているのにいまだに食べれていないのだ。
けれどこれから脂が乗っておいしくなるとの情報をげっと
まだ間に合うってことですね。ふっふっふ


さらには6/21に発売開始した
銚電初となる駅弁「さんまかば焼すし」もまだ食べれてないんだから
銚子にいかなくちゃなるめぃ。
「さんまかば焼すし」についての記事はこちら


今のところ、さんまのお寿司は犬吠駅で休日限定発売とのこと
(1人前780円。現時点では土日祝日のみ1日20食の限定販売。
販売開始は午前10時から。問い合わせは銚子電鉄0479・22・0316)


ただ、私は撮影があるので、この週末にでも誰か代わりに食べてきてぇ~
撮影してる作品についてはまた違う記事に書かせてね。


なんだか食欲にまみれたブログになっちゃったけど、もうひとつ。


たまにお邪魔して楽しい気分にさせてもらっている
鉄道系カップ酒・缶詰立ち呑みバーキハでは
もしかしたらちょいとおもしろい計画が銚子でありそうな感じなのよ。

(キハに初めて伺った時の模様はこの日の日記をみてくらさい)


このお店は助役が帰りに
「ご乗車ありがとうございました」としぶい声でいってくれるのが、
楽しく飲んだ後のうはうはな気持ちに輪をかけてくれて
帰りはなんとなくスキップになるお店だ。


笑顔いっぱいの助役と心優しい常連さん(当たり前だけど鉄道好きな方が多い)が
温かく迎えてくれるのがこのお店の魅力なんだろうなといつも思う。


常連さんが設置した模型が二階にあるんだけどこれがまたいい感じに素敵。
ちゃんと列車がぐるぐるしてるの。

最近ちょいと模様替えして、今は、駅舎が銚子電鉄の外川駅を模してあると聞いて
早速みせてもらうと・・・
ほんとだほんとだ外川だ。
模型もなかなかみてて楽しいね。
10年前からちょびっとだけ集めてるカプセルプラレ-ルをつないでみようかなぁ



夏の終わりにもしかしたらここの皆さんと銚子で遊べるかもしれない
もし実現したらきっと乗って撮って遊んで食べて飲んでくだくだ~となる予感(笑)
けど間違いなく楽しいものになると思う。
多分、オ-プン企画のはずだし
気になる方はこれを機にぜひキハに行って聞いてみてくださいな。


行きかたはこちらを参考にしてね。
人形町駅からすぐだよん。


そんなキハにご一緒する方関連のご紹介。


食べ歩き


友人のいちさん
東京書籍から発売された
『鉄道各線食べ歩き地図ガイド 南関東編』
に銚子電鉄の写真を提供してるそう。
私はまだ本屋で見つけられず本体未確認です。すんません。
その本ではデキ3キュ-ピ-も紹介していただいてるとの情報あり。




てっぱく



そのデキ3キュ-ピ-の生みの親の恵智仁さん
小学館から出版された
『てっぱくにいこう!―鉄道博物館完全ガイド』を執筆。



ボビ-


こないだ、一緒にキハに行って楽しい時間をすごさせていただいた岸田法眼さん
ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』
ブル-トレインの歴史について執筆している。


新幹線の車窓から



同じ日、急遽かけつけてくださったカルロスこと栗原 景さん

『新幹線の車窓から 東海道新幹線編』という本を
最近出版されたそうだ。
ホントに全部新幹線の車窓から撮ったんだって


よかったら本屋さんに行かれた際には
ちらっと手にとってみてね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。