気持ちは・・・うん・・・ノンだったの。

けど、実際には多分・・・ベラだったと思う


今回の怪奇劇場は魔女とマッドサイエンティストがテ-マなのね。

魔女役は自分としては「魔女っこメグちゃんのノン」(左)のイメ-ジだったんだけど
どう見てもきっと「妖怪人間ベラ」(右)だと思うのだわよ。
せっかく出してくれた監督申し訳ない気持ちと
見てくださる皆さんの心の動揺を考えると・・・ごめんなさいねぇ

私まだみてないので何とも言いがたいのですが
皆さんのジャッジをお待ちしております(笑)

ノン         ベラ
(画像はどっかからいただいてきちゃいました。すんません。)



もう一作品は白衣が似合うからという理由で依頼をうけ
マッドではない研究員の役もやらせてもらったよ
出番自体はあまり多くないのだけど私が出るにあたり
わざわざ少しシナリオも直してくださったらしく、感激でした。
稲葉奇一朗監督、ありがとうございます。
白衣は前の仕事着だったので、着慣れてはいるし何度か衣装にしてる。
でも似合うといわれるとうれしいですね。やっぱり。


今回の出品してる諸監督にとってこの夏一番の恐怖体験は
両日の司会である上村愛香さんによる
「浴衣姿艶姿での言葉攻め」(山岸氏語録より)かもしれません。

上村さんが作動させる恐怖生産装置でひきつる監督諸氏の顔を
しっかり目撃してきてくださいね。

作品ももちろんお見逃しなく(笑)

8月のシネマボカンでの上映に来てくださった皆様。
どうもありがとうございました。



                   怪奇Ⅴ


B-SHOT PICTURS'怪奇劇場Ⅴ
        ~~~魔女の宴と悪魔の実験室~~~
魔術と科学。
一見相反する行為だと思えるが怪奇映画に於いては
どちらも恐怖を産み出す為の呪われた装置なのだ。
今年の怪奇劇場はその恐怖生産装置が如何に作動するかを目撃する場になるだろう。




●日時:9/13(日) 開場12時40分/上映13時~17時 
      9/20(日) 開場12時40分/上映13時~17時
●会場:ババチョップ・シアター
       (JR・西武高田馬場駅より徒歩10分)
  ババチョップ・シアターHP:http://www.babachop.com/
  ババチョップ・シアターへの行き方:こちら
             

●全日程共通入場料:1000円(当日券のみ)

● タイムテーブル(9/13 & 9/20)
  12:40 開場
  13:00 司会・主催挨拶
  13:10 「魔女ノ犬」(15分)+舞台挨拶(5分)
  13:30 「魔女伝説」(12分)+舞台挨拶(5分)
  13:47 「3人の魔女」(17分)+舞台挨拶(5分)
  14:09 「真鳳堂の魔女」(25分30秒)+舞台挨拶(5分)
  14:40 ~~15分休憩~~
  14:55 「ウロボロス」(24分)+舞台挨拶(5分)
  15:24 「魔女とマッドサイエンティスト」(16分)+舞台挨拶(5分)
  15:45 「the Brain」(20分)+舞台挨拶(5分)
  16:10 ~~15分休憩~~
  16:25 「死体牧場~呼び戻された者たち~」(32分)+舞台挨拶(5分)
  17:02 「NO CONTROL」(34分30秒)+舞台挨拶(5分)
  17:42 司会・主催挨拶
  17:50 終了
  18:00 完全撤収






作品別予告編含む上映作品詳細は
こちらからみてくださいね。

~主催者よりお知らせ~

●誠に勝ってながら怪奇劇場は今年で最終回とさせて頂きます。
  最後の怪奇劇場、思う存分お楽しみ下さい!
●浴衣での来場歓迎!
●馬場チョップシアタ-は飲食物持ち込み禁止です。
 ご注意くださいね。