隣のグル-プの会話が耳に入ってくる。
何の気はなくても何か気になるそんなひと時のお話です。

ある日、芸社御用達系列の居酒屋でのこと。


どうやら大学のテニスサ-クル関係っぽい四人組が
い~い感じで飲んでいらっしゃいました。

私が結構お腹いっぱいになった頃
聞こえてきたのは・・・

「さっきからずっと思ってたけど
○ちゃんの目ってホント綺麗だよねー
マジ吸い込まれそうだよ」



突然、脈絡なく「ちょっと残念な方の男の子」(男1)が
同じく「ちょっと残念な方の女の子」に直撃した。
しかもガチらしい。


えぇぇぇぇぇぇ~~~~
ついさっきまで、民主党がうんちゃらかんちゃらと
政治と経済について、意味不明に語ってたのに???
四人で飲んでるのに・・・???
そのよくあるセリフはどうして???
なんかもうちょい工夫したらいいのに・・。

私の動揺などもちろん彼らがしるよしもなく・・・


しらけ気味のもう一人の娘はトイレに席をたち
もう一人の男の子(男2)も席を外した。

乗り気じゃない彼女。
必死にほめ言葉を連発する男1
自分はかなりいけてると思っている様で自信満々なんだ。


あ~あ・・・。私はちっちゃく首を振った。



そしてその後の会計時

男2「女の子2000円でいいんじゃん。
   四人で一万いかなかったんだし」

女 「2000円でいいの?
   んじゃ今日はレディ-スディってことで(笑)」

男1「んじゃレディ-スディだから3000円。
   ていうか、○ちゃんによくしてあげても(おいしい思いさせてあげても)
   つきあえる可能性なさそうだしさ~」




・・・えっっ、そんなこといっちゃうの?・・・びっくり・・・


その後の顛末を見る前に店を後にした私だった。

うわ~、あの後どうなったんだろう。


「俺らワ-ルド」になると気恥ずかしい会話してるもんだわね。
私も気をつけなくてはと思いました(笑)