何回、突然、感情の波が襲ってきて慟哭しただろう。

あの日のことは、全てが夢の中だったように感じながらも
電話を受けた第一声から記憶が途切れることなく全て覚えている。

もう一年経つなんて嘘のようで

いまだに声は鮮明に頭に響くし
ひょっこり顔をみせそうな気がしてしまう。
ばかぁってやっぱりつぶやいてしまう。




今、ABBAを聴いている。(SPECIAL THANKS:Kさん)

お互いにとって、思い入れが深いア-ティストだったもんで
以前、ましゅ-と飲んだ時にABBAのことで盛り上がったんだ。


心臓がしめつけられる感覚に襲われる。


そのABBAの曲を使った映画「マンマミ-ア」
一緒に観ればよかった・・・
私はいまだに悔やんでしまう。

公開当時、ましゅ-は電話をかけてきて
「いける人、皆誘って観に行こうよ」と。
「これは一人で観るより皆で観てわいわい語りたいんだ」って言ったんだ。
すっごく楽しそうで嬉しそうでわくわくしてるのが伝わってきた。
いつもなら二つ返事でokするのに
すでに観てしまっていたことと体調不良を理由に断ってしまった。

「え-よえ-よ」って少し寂しそうに笑った声を思い出す。

会える時に会っておけばよかった。
悔やんでも仕方ないけど自分を責めてる自分がいる。


呑みながら語りたかったな。マンマミ-アのこと・・・ABBAのこと・・・。

PCの文字がかすんじゃうよ。

明日が必ずくるとは限らない。
今があること今日があることに感謝して大切にしなくちゃ。
そう思いながらなかなかできなかったりしてる。

命日である今日。
周兵衛さんが追悼上映会を企画してくれた。
私は身動きとれなかったで、おんぶに抱っこ。

未完の遺作『アネモネ』の完成はもう少し先になりそうだけど
予告編が流れる予定だそう。
詳細は以下の通り。

ましゅ-を偲んで一緒に献杯できたらいいなと。
お時間許す方はよろしくお願いします。


『マシュ~こと立花修一氏一周忌追悼上映会』
■日時: 2010年7月10日(土)
■開場:13時30分
■開映:14時00分
■場所: 高田馬場 BABACHOPシアター
■料金: 800円
■上映予定作品
『Concerto (コンチェルト)』 (28分)
『紅葉』 (30分)
『夏の終わり1 ~幻影~』 (5分)
『夏の終わり2 ~初恋~』 (7分)
『夏の終わり3 ~星の約束~』 (16分)
『アネモネ 予告編』
インプロモーティブのさやかさんの希望もあり
もしかしたらモーティブのドキュメンタリーも上映する予定だって。



『夏の終わり3』Photoシアター




夏の終わり1~3の予告編






ましゅ-、席空けて待ってるよ。