タンゴとフロボ


キレのあるダンスはない。
脳のどこかがキレちゃった人たちがいる。

いいんだ!!

ココアク(心のアクション)だから。

三人の女と一人の男。
次々(?)飛び出す想定外のセリフ。
それがタンゴ。

タンゴ    タンゴ2
「ありえる」             「ありえない」


設定は自殺サイトで集まってきた四人が練炭自殺を図る。
それだけ。

人物像はもちろん、それぞれどういう理由を抱えてそこに集まってきたのかすらお互いに内緒。
事前打ち合せはなしの方向で・・・って言うんだもん。
もちろん、脚本も与えられたセリフも存在しない。


そしてわかったこと。
監督は基本的にみんな絶対サドなんだ!
いつもにこにこ笑ってる吉本さんも例外じゃなかったってことなんだ。
お互いの出方をさぐり合ってるタヌキな演者たちを吉本監督はニヤニヤしながら見てる訳さ。

雪が残る真冬のキャンプ場には
川音が響き、張りつめた空気がただよっていたかも
(ないないないない。あったのは笑いとダジャレとお肉 笑)

四人はどのように一緒にタンゴを踊るのか?




見所は
どう出るか(演技をするか)わからない私たちをしっかり押さえた
カメラマン梅ちゃんのナイスファイト。

そして支離滅裂な展開をまとめあげる吉本昌弘監督の編集力。

流石というかなんというか
今回もまた違うエンディングらしいのよ(笑)

私は初見なので妄想が膨らんで緊張してるけど楽しみなんだ。

同時上映は「フロント☆ボ-ド」

フロボ 


新しくなった予告がこれまた魔物。
ついついリピ-トしたくなる(笑)




この「フロント☆ボ-ド」を観ておくと、9月25日に予定されている上映会で
一味違う吉崎仁美ちゃん演じる「杉下刑事」に出会える楽しみが増えるよん。



『フロント★ボード』と『タンゴはひとりっきりじゃ踊れない』の再上映会は
今度の土曜日9月10日土曜日の夜!
ワンコインで楽しい夜を一緒しませんか?


「NewCinema DOG 再上映会201」

★日時:9月10(土) PM7:00 start
★会場:シネマボカン (京王 井の頭線「池ノ上」駅下車徒歩0分)
★料金:¥100   楽しいゲーム付


お待ちしております