月曜日
うっとおしく雨が降ってる。
突然、腰が痛くなる。
なんで?思いあたるふしがない。

帰りのバスのク-ラ-の風に鳥肌がたつ。
寒い。寒い。寒い。寒い。
風にあたりたくない。シャツの袖に腕を隠す。
脳内に「くる。きっとくる」と声が響いた。

家で熱を測ると39℃ 頭が痛い。
今週の予定キャンセルのお詫びメ-ルをあちこちにちまちまと送る。

火曜日
前日の段階で絶対無理と判断し仕事は休ませてもらった。
仕事はできるだけ休みたくないのに・・・迷惑かけちゃった
・・・悔しい・・・
けれど熱はどんどん上がる。

吐き気もでてきた。
普通の風邪と違う気がする。
病院にいくことにした。

「多分ウイルス性胃腸炎だと思うよ。
なんかいつもと違うもの食べた?」と先生。

「う-ん、特には」と前日の食事を思い出す。
けど思い返すと、夕方から寒気がしてた気がする。
ウイルス性胃腸炎には今までかかったことがない。

点滴を受けながら「あぁ、自然治癒目指さなくてよかった」と思った。

水曜日
ひたすら寝る。
お腹が痛くて腹筋に力がはいらない。
寒気と熱さが交互に襲う。
この3日間、熱は39.6℃を最高にその辺りをうろうろ
人口甘味料の味が舌にひびいてイオンドリンクNG。
初めて飲んだグリ-ンダカラちゃんがとても美味しく感じられた。

気合でようやくわたみん家にFAXを送る。

木曜日
熱がだいぶ下がる。
おかゆを食べることができた。
まだまだお腹がすごく痛い。

この日も仕事を休ませてもらう。

金曜日
お腹の痛みもほぼ引いてだいぶ元気に。
でも明日のためには無理はできない。
お邪魔する約束だった上映会は泣く泣くキャンセルした。

土曜日

映像温泉芸社その20『芸社バカ映画やめるってよ』当日。
朝9時の集合に間に合うようにしっかり起きる。

大看板



後1日回復が遅れていたら・・・
火曜日のうちに病院に行かなかったら・・・

大事な大事な本祭に参加できないとこだった。
あ-よかった。

おのれウイルスめ。
そう思ったがいなくなったからか即元気。

今回も舞台周りを担当させてもらった上に
第三部のMCを進藤さんとつとめる。

機転がきかない私は台本のない司会は苦手。
言いたいことの半分も言えなかった。

もっともっと
「多くの方の支えがあったおかげで20周年が迎えられた」と
感謝の言葉をいっぱい伝えられたらよかったな。

けれど多くの方が来てくださり盛況に幕を閉じて、
打ち上げも盛り上がって
充実した1日を過ごすことができた。

クビZ


ありがとうございました。
まだまだこの先も
芸社の老化を見守っていただけたらと思っています(笑)。
これからもよろしくお願いします。