『星野佳世 年齢』で検索かけたのは誰だ!!!(゛ `-´)/

ちょっとミナミユ-さんが
一時ブログでやっていたのをマネしてみた。

けど↑実話。   これは

今日、強制わいせつ罪でつかまった『たかはし とおる』さん
と同姓同名・とおるの漢字違いの
たかはしとおる監督から聞いた話。


『星野佳世 年齢』でシネマ愚連隊の高橋亨さんのブログに
アクセスした人がいたらしい。


アクセス解析ってやつは便利ねぃ。
これを聞いた時は笑った笑った。

お・と・めの年齢を調べようとするなんて・・・
そういう奴はかかってこ~い。
ネット上じゃ公表しないけど、実際に聞かれたら
サバ読んだりしないでちゃんと勝負するだわよ(σ´∀`)σ。


・・・そんな話はおいといて・・・

どうしようもなく、感情を乱される時がある。
自分で勝手に乱しているのか乱されているのかわからない。
感情の波を抑えられない・・・


そんな時に独り言のように悪態をつく時もある。
まるで演技をしているように一人で怒っている時もある。
大音量で好きな曲を聞きながらドライブすることもある。


怒りだけじゃなく、悲しみやもがきから抜けたい時に
自分一人じゃ煮詰まってしまうことがある。


去年の暮れから春先にかけていろんな迷いが生じていた。
一生懸命になればなるほど裏目にでてしまって焦っていた。
サウナでフォ-クソング(古っ!)を口ずさんで
目からも汗を流した事もあった(笑)。


がんじがらめになって身動きとれなくなりそうだった時
友達がそれぞれに答えをくれた。


Cちゃん、Mさん、Kちゃん。
この3人がいなかったら、私は自分を見失っていたし
絶対に抜け出せない巨大迷路にまよっていたかもしれない。
彼女たちは
『前がだめなら横へ飛べばいいんだよ(サザンの歌詞より)』
という事を教えてくれたんだ。



「あ~、やっぱり女の敵は女だったのね」と
思うような事がいっぱいあった。
「それってどうよ」って事がよくあった。
それは今もないと言ったら嘘になる。

つるむのは苦手だから男の子と過ごす方が楽だったりもした。



けれど、こんな私に答えをくれたのは
男友達ではなく女の子たちだった。
性別は関係ない。人としてのつきあいだから。
百も承知だけど同姓だからこその視点と受容とアドバイスは
本当にありがたかった。



年齢を重ねたからわかった事。
今だから築ける心地よい関係と距離感。
心から感謝している。


そう考えると年を取るのは決して悪い事ばかりじゃないと思う。
いつでもやっぱり、体や肌の衰えは嫌だけどね(≧▽≦)。



そしてもう一つは最近知り合いになった方が
「笑って飛ばすだけの気持ちの余裕」について話してくれた。


そうだ。笑おう。そう思った。
怒るのは簡単で許すのって難しい。
まだまだ修行がいっぱい必要だけど笑える自分でいたい。


すべては縁とタイミング。
今の私がここにいるためには一つもムダな出会いや時間はない。
人間関係が壊れるのはあっという間だ。別れもあるだろう。
それを忘れず一緒に過ごせる時間に感謝して大切にしていたい。
なかなかできないながらいつもそう思っている。
先日、すごくすごく温かい、人情にふれ
言葉でつくせない楽しい時間をもらったからか
今日はそんな事を思いながら過ごしている。


けどなぜこんな事をわざわざ日記に書くのか。


それは自分メモ代わりにしている部分があるからだ。
大切な事・想いを書き留めて自分にフィ-ドバックしたいのだ。
だから心にしっかり留めておきたい事を
くり返しくり返し確認がてら書いているのだ。


心を落ち着けるには写真を撮りにお散歩にでるのもいいのかもな。
このお散歩写真についてはいずれまた。


切通し




竹




車



写真は少し前の遠足写真。
切通しの写真は端に水が流れていて蚊が飛行機に見えて
小さな世界で空中戦を繰り広げていました
(Tさんの視点になるほどぉな私でした)