ここのところは芸社の上映会と銚子撮影会に向けての動きが中心になってる。
他にもおもしろそうな動きがちらほら始まってるから
それは発表できるタイミングでさせてね。

過去の記事ふりかえると「この話はまた後で」とか「次に書く」とか
書きながら、ぶっちてしてる話がいっぱい(笑)
がんばらなくちゃよね。


映像温泉芸社上映会「自主映画番外地」のHP


今回はさりげにフラッシュ画面からはじまりです。
もうじき、作品についてUPされる模様だよ。


上映会にはいろんな仕込みがありそう。
昨日、話を聞きながら、真夜中にうほ~、きひぃ~と感嘆の奇声をあげてた私です
当日会場で流れる予告にも注目してね。

冷蔵庫マンのライブもすごく楽しみなんだぁ~。


今回、出演の作品の画像はこんな感じ。
とりあえず一枚アップしてみることに・・・

本祭1


それからデジカメ撮影会については
多くの方からのご応募いただきました。
ありがとうございました。

お返事は今日から始まる予定です。
なのであとほんの少しだけお時間いただけたら幸いです。

さて今回撮影会をするにあたり
本当に多くの方がお手伝い・支援してくださっています。


神保町にある書泉グランデでは
ご好意により、講師の広田泉さん及びスタッフ
坂本志生一瀬祐一向後功作)の写真を貼りだして
ミニ写真展を開催する機会をいただきました。



5階から6階に上がる階段の踊り場の壁に
銚子電鉄+αの写真が貼ってありますので
よかったらぜひ足を運んでみてくださいね~。


書泉にて



くりちゃんとだてつさんも手伝ってくれて
なんとか閉店時間までに貼り終えることができたのよん。

現時点では、名前の脇にさしてあるピンの色が
写真のピンの色の撮影者という形。
また、一部を除いて、ほぼ、本邦初公開の作品だったりもするんだ。

これってすごいことなんだよね~。きっと。
広田泉さんの生写真を見る機会ってあまりないと思うから。
坂本さんの色あいもホントに素敵で、まるでパズルの用にしっかりはまる。

写真プリントはやっぱり埼玉県戸田市にある
「店主いちさん」のお店にて・・・ねっ

いちさんのプリントへの取り組みは写真屋としての側面と
写真家としての一面をみせていただいた気がした。

色の出し方一つで写真のト-ンが変わるから
いちさんの仕事はいい意味でプレッシャ-を感じながらの作業だったと思う。


写真はプリントして楽しむことが原点という意味をとてもとても実感させてもらった。
映画だって、作品を観ていただいてこそだしね。

撮影会に参加してくださる方もそうでない方も
よかったら見にいってみてくださいね~。
楽しんでいただけたら幸いです。


今後、写真の入れ替えなどと共に
しばらくご協力いただくことになっています。


ちなみに私は自分が撮った写真ではなく
広田泉さんが以前に撮ってくださった私の写真を
貼らせていただいてます。これも初公開。
誰も見たことがなかった写真のはずですわん(笑)

けれどこの写真を撮っていただいた時より
いろんな意味でさらにずっと先に進んでいる泉さんです。

写真も映画も上映会もHPも文章も
撮影者や作り手の色がでてくるから本当におもしろい。
その人や団体の特徴がでるもんね。
そういう意味でも今回の二つのイベントは自信を持って
おもしろくなりますといえる。

あ~、こういえるってすごく幸せ。


とてもハッピ~な3月になりそうだ。がんばります。
どうぞよろしくね。


皆さんにも優しい春が訪れますように・・・
Secret