久しぶりに参加します。

主催者の方いわく
「インディーズの闇鍋」
「玉石混交のカオス」

知ってるお名前もフライヤ-にみつけ
玉作品たくさんありそうで楽しみいっぱいです。

私は4作品に関わらせていただいてます。
舞台に4回もあがっていいのかなぁ

超絶長丁場の1日になりそうですが
皆様よろしくおねがいします。

P-LABO映画祭


■開催日:2017年11月23日(木・祝)

■時 間:OPEN 10:45 / START 11:00

■会 場:調布市文化会館たづくり 8F 映像シアター
 京王線調布駅下車 中央改札口 広場口出口 徒歩3分

■入場料:無料

■上映作品
・北八街ゾンビ2
・かえりみち
・ERASER WARS
・赤山洋太郎の一日他(こちら)
  タイムテ-ブルはこちらから


2017P-らぼ   Pラボ裏

詳しくはこちらの公式サイトからお願いします。
いよいよ今年もやってきました。
南房総さざなみ映画祭。
今回で四回目の開催となります。

一回目は高層階の住人で参加できなかったけど
以降、司会として関わらせていただいてます。
今年は吉澤えりちゃんと
二人三脚でがんばります。

2日間に渡ってお届けする
個性的でにぎやかな上映作品の数々は
どれも見応えタップリです。
監督や関係者のお話を伺いながら
映画祭を進めていきたいと思っています。

「日本一アットホームなのに、
幅広い観客を唸らせる独特のラインナップ」
という実行委員会の言葉を確かめがてら
ぜひ遊びにいらしてくださったらうれしいです。

そうそう。
有料の銭湯があるし
無料の足湯もあるよ。

映画で心を
足湯と銭湯で身体を
のんびりほぐして元気になりにきてねっっ。

『南房総さざなみ映画祭2017』

■開催日:2017/11/18(土)17:00 開場17:30 開会
2017/11/19(日)10:30 開場11:00 開会

■場 所:南房総市とみうら元気倶楽部内『さざなみホール』
      千葉県 南房総市富浦町原岡88-2
      高速バス『とみうら枇杷倶楽部』バス停おりてすぐです。
      アクセス詳細はこちら

■入場料:1000円(2日間有効) 
      小学生~高校生は2日間通し券¥500です。
      19日(日)最後の作品『0点スタンプ』のみ、入場無料となります。
■上映作品についてはこちらをご覧ください


2017さざなみ表  2017さざなみ裏


■さざなみ映画祭公式HPはこちらから
■さざなみ映画祭FB情報はこちらから


今週末は静岡と横浜。
撮影もしてるんだけどご報告がおいつかないぃぃ
まずは静岡での映画祭のお知らせです。
純喫茶キネマ座さんにてマスタ-主催の映画祭があります。
お客さんの投票で決まる賞もあるみたいっっ。ドキドキですね。
個性豊かな作品が一挙集結します。
遊びにきてねっ。よろしくお願いします。


「第一回純喫茶キネマ座映画祭」

■開催日:2017年11月11日 土曜日
■時 間:午前の部 開場10:00 開演10:30
 午後の部 開場13:30 開演14:00
      (入れ替え制)
■入場料:1000円
  お客様参加型イベントですので、皆さんで盛り上げてくださったら幸いです。
■場 所:純喫茶「キネマ座」 (静岡県三島市)
      伊豆箱根鉄道駿豆線 大場駅から徒歩10分位
      地図はこちら


キネマ座チラシ  キネマ座作品


上映会のお知らせです。
どんぐり眼プロダクション30周年記念上映会 第3弾!

「どんぐり眼 フルスロットル」

■日にち:2017年11月4日(土)
■時 間:開場 18:30 上映 19:00
■料 金:500円
■場 所:池ノ上 シネマボカン
     (東京都世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F
     京王井の頭線池ノ上駅下車、徒歩1分弱)
  
※会場は食べ物飲み物(お酒も)持ち込み自由!差し入れ大歓迎だそうです!

どんぐり眼フルスロットル


■上映作品その他詳細はどんぐり眼プロダクション岡本監督のブログ(こちら)へ

その昔ちょっとだけ出していただいた作品があります。
よろしくお願いします
10月の上映会の締めくくりは

第三回伊那映画祭

正式名称は
『創造館自主制作映画祭2017』

今年で三回目を迎えました。

■開催日:2017年10月28日(土)
■時 間:上映開始時間 13時15分
■場 所:伊那市創造館
■入場料: 無料
■簡単な作品紹介はチラシ↓をみてね。

2017伊那

東京からも監督キャストが伺います。
そこそこ大所帯でにぎやかになりそう。
私は捧館長と一緒に司会をやらせていただく予定です。
よろしくお願いします。
上映会が続いていますのでお知らせさせてくださいね。
今回はふたつです。

第五回永山上映会
■開催日:2017年10月15日(日)
■時 間:上映開始時間 14時頃
■場 所:ユートリヤ すみだ生涯学習センター
      東武曳舟駅・京成曳舟駅どちらからでもいけます。Mapはこちら
■入場料: 無料
■上映作品:こちらをみてくださいね。

201710永山さん

永山さんと一緒に司会をやらせていただく予定です。
よろしくお願いします。
今年は時期をずらして本場夏開催の
『新宿ホラ-映画祭Vol.3』で上映される一本に

新宿ホラ-映画祭2017


さっきアフレコ(15分ほどで完了)してきた
稲葉司監督「かえりみち」があります。

祈祷師の役で少し出演させていただいてます。
あ-。ある意味今回も私が一番ホラ-かもなぁ。
自分の登場シ-ン見て噴出したのは初めてかもしれない・・・

この「かえりみち」は稲葉司監督が以前撮った作品の
リブ-トだそうですがまた違った趣の作品になったみたい。

かえりみち1日目

かえりみち2日目3日目


実はこの『新宿ホラ-映画祭Vol.3』

今週土曜日開催です。

毎度のことながらギリギリの告知でごめんなさいですが
シネマリベロの栗林賢司氏プロデュ-スの新宿ホラ-映画祭で
今回は総勢7人の監督がホラ-の世界へいざないます。

ホラ-にもいろんなジャンルがあるそうなので
どんなテイストの作品が上映されるのかわかりませんが
興味もっていただけたら
遊びにきてくださったら幸いです。


『新宿ホラ-映画祭Vol.3〜サタデーゴーストフィーバー〜』

■開催日:2017年8月26日(土)
■時  間:13:00及び17:00(上映開始時間になります。1日2回上映 入れ替え制)
■場  所:新宿ハイジアV1(新宿区歌舞伎町2-44-1ハイジアB1 地図はこちら
■料  金:1000円
■参加監督(敬称略)
稲葉奇一朗
稲葉司
尾内優・古川奈苗
岡本泰之
木内一裕
成國英範
古川達郎

(MC 森崎元太 鈴愛)

その他いろいろよかったらこちらの
「新宿ホラ-映画祭の情報ペ-ジ」を見てくださいねっ。

私は多分当日は受付にいま~す



とっても嬉しいニュースが届きました!


fc2blog_201707022333341d3.jpg


映画『ERESER WARS』
プチョン国際ファンタスティック映画祭で
招待上映
されます。

この『ERESER WARS』は
AKIRA監督が小学生の時に物語を考え
中学1年生になってアニメ映画作品として完成させたものだそうで

なんと初監督作品です!

それぞれに個性的をもった消しゴム戦士たちが登場します。
これらは実際にAKIRA監督が使ってた消しゴムたちをキャラクタ-にしたそうで…


そんな子供らしさの中に愛と優しさがシンプルに描かれている作品だと思います。

カッコよくスピーディな展開は圧巻です。

私は唯一の女の子戦士「スカイ」の声を担当させていただきました。

製作・プロデューサー務めるのは
映画監督としてだけでなく表現活動の才能を
マルチに発揮されているartegg-yumi監督です。

実はAKIRA監督とは親子さん。

この13年間、親子2人で様々な大変な事を乗り越え、
大切に時間を育くみながら過ごしてこられたそうです。
AKIRA監督の温かさと優しさがこめられた愛ある世界観は
ゆみ監督から両手に抱えきれないほどの愛情を
たくさんたくさん受けたからこそだろうと感じます。

こんな優しく素直に素敵に成長した息子さんとのコラボ。
その嬉しさは涙が出ちゃうくらいだと思います。

[親子インタビュー記事(製作秘話)]はこちらをご覧ください。

[ プチョン国際ファンタスティック映画祭サイト ]
ファンタスティック短編傑作部門

私はハングル読めないので日本語で説明があるサイトもリンク貼ってみます。
こちらとかこちら見てみてくださいね。

[ Studio-artegg ]
Studio-artegg その他の作品

夕張国際ファンタスティック映画祭2017に始まって
3回目の上映となる今回が海外の映画祭でしかも招待上映なんてすごいなぁ。

AKIRA監督・artegg-yumi監督おめでとうございます。
作品に関わらせていただけて本当にうれしく思っています!
ありがとうございます。


韓国でご覧になるのは難しいかもしれませんが
今後にむけてぜひ心に留めておいていただけたら幸いです。
もしももしも「おぉっっ、それ行くよ」って方は
ぜひ観に行ってみてくださいませませ。
よろしくお願いします。



予告編

地域鉄道フォ-ラム2017


私も所属している一般社団法人交通環境整備ネットワークでは
明日、国土交通省鉄道局後援で「地域鉄道フォーラム2017」を開催します。


地域鉄道フォ-ラム2017

■期 日:平成29年6月10日(土) 13時00分~15時00分
■場 所:東武博物館ホール
      東京都墨田区東向島4-28-16 TEL 03-3614-8811(代)
      東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)東向島駅下車0分    
■参加費:無料。ただし、東武博物館への入場料大人200円が必要です。
■募集人員:180名 当日先着順。募集人員を超えた場合、立席となります。
■主 催:一般社団法人交通環境整備ネットワーク


今回も司会を務めさせていただきますっ。
詳しくはこちらからお願いします。
鉄ドンてご存知ですか?

今回は珠玉の?玉石混合の??
オムニバス怪獣バカ映画が完成。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭と大阪上映を経て
いよいよ東京上陸です。
才能ある大人がホンキになるとヤバイ。怖い!
才能の無駄遣いはいけません
・・・なんて・・・

鉄ドンとわんぷ-



私は去年はいつも仲良くしてもらってる
アウトマンラボのオンさんの作品で関わらせていただいたのですが
今回はartegg-yumi監督の作品に声で出演させていただきました。
ゆみ監督の作品大好きです。もちろんアウトマンも大好きさ。
ゆうばり行ったり楽しくて本当にいい経験させてくださり
artegg-yumi監督はじめ関係者の皆様ありがとうございました。


で、その鉄ドンをうまく説明できないから
以下、今回の上映会場である「Loft9 Shibuya」のWEBサイトより
拝借コピペさせていただきました。

鉄ドンHPはこちらから見てね。


「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」東京初上映

鉄ドン怪獣


■開催日:2017年6月3日
■時 間:【1回目】OPEN 12:00 / START 12:30
      【2回目】OPEN 17:00 / START 17:30

入場者全員に「特製!鉄ドン大怪獣軍団ブロマイド」(全30種類のうち1枚)をプレゼント。

■料 金:各回・前売¥1,500 / 当日¥2,000(税込・要1オーダー500円以上)
前売券はe+にて絶賛発売中です。
【1回目】ご購入の方はこちら
【2回目】ご購入の方はこちら

*当日は会場前に並んだ順でのご入場となります。
*近隣の迷惑になりますので、開場の15分前よりスタッフの指示に従ってお並びください。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で「ファンタランド大賞市民賞」受賞!
鉄ドンが総力を結集して贈る「人類史上初の(当社比)オムニバス怪獣バカ映画」がついに首都上陸!
最強精鋭のバカ映画監督28人が、完全オリジナルの新怪獣・珍ヒーローを引っ提げてここに集結。
笑い、恐怖、下品、感動。すべてが詰まった鉄ドン史上最大規模の本気印バカ映画を見逃すな!
ひと作品3分30秒。上映中に拍手もブーイングも起こる伝統のライブスタイル。
監督に賞賛と怒りを直接ぶつけられる「豆まき上映」は今年も健在!
「前説」に始まり「金返せ」で終わる鉄ドンのリングで、さあドリームマッチの開幕だ!
みんなで叫ぼう!「鉄っちゃんの、ドーンとやってみよう!! 」

■スタッフ・キャスト
「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」(2017年/日本/約115分)
【監督】
田口清隆/西村喜廣/飯塚貴士/小林でび/岩崎友彦/今井聡/佃光
かげやましゅう/野火明/中間健詞/田村専一/ハヤト丸/石田アキラ
清本一毅/啓乕宏之/リー・チャンマン/オクノケンゴ+谷澤兼作
ブエノ/鳴瀬聖人/イッキ/岡本英郎/キノシタケイタ/青井泰輔
百武朋/水野祐樹/artegg-yumi/ユリシーズ・グズマン・ユリカルド
おかひでき
【キャスト】
轟二郎/園子温/鳥居みゆき/青柳尊哉/百川晴香/和泉美沙希
水井真希/芋生悠/石原理衣/坪内花菜/上田慎一郎/木村圭作
濱本竜馬/MADOKA/しのへけい子/菅原ブリタニ―/高橋琉晟
AKIRA/太田純平/前田 歩/野田まこと/柴田千紘/篠崎雅美
水野祐樹/北垣優和/村田啓治/高岡晃太朗/KEITA/高松一理
セルキオ・ルエド ほか ←星野もここに
※上映後にはトークと写真撮影会
【出演予定】監督&キャスト選抜軍+鉄ドン大怪獣軍団

監督に投げつけるお豆も買ってね